芸術・自然・歴史の融合/公益財団法人 本間美術館

公益財団法人 本間美術館Hommna Museum of Art

新着情報一覧

次回企画展武士の装いとたしなみ

2018年6月8日(金)~23日(月)

戦乱の時代、主従関係を結び、自己の家や土地を守るために命がけで戦った武士。
彼ら身につけていた甲冑や刀剣、刀装具などの装いには、美意識や祈りを感じられるものがあります。
また、武士のなかには絵画や茶の湯をたしなみとし、刀を筆に持ちかえて画家として活躍したり、茶道具を蒐集する者もいました。天下泰平の世となった江戸時代には、武士たちによって趣味・娯楽として釣りの文化が成立し、庄内藩では心身の鍛練の手段として奨励され、多くの魚拓がつくられています。

本展では、武士の装いとたしなみとともに、武士が描かれた絵巻や屏風をご紹介し、武士の実像に迫りたいと思います。

 

次回企画展「武士の装いとたしなみ」

公益財団法人 本間美術館
〒998-0024
山形県酒田市御成町7-7

0234-24-4311