公益財団法人 本間美術館は、「公益」の精神を今に伝え、近世の古美術から現代美術、別荘「清遠閣」の緻密な木造建築の美、「鶴舞園」、さらには北前船の残した湊町酒田の歴史まで楽しめる芸術・自然・歴史の融合した別天地。

公益財団法人 本間美術館

Homma Museum of Art芸術・自然・歴史の融合/公益財団法人 本間美術館

information最新情報

information 最新情報

公益財団法人 本間美術館 [山形県 酒田市] > 新着情報

【次回展覧会】庄内の作家たち

2023.05.30

次回展覧会庄内の作家たち

自然豊かな山形県庄内地方は、明治時代の近代日本画の重鎮・橋本雅邦に学んだ加藤雪窓(18721918)をはじめ、橋本関雪や竹内栖鳳らと並び称されたという服部五老(1869/711930)、「酒田のゴッホ」とも称された異端の表現者・小野幸吉(19091930)、美術団体「白甕社」の会長として力を尽くした地主悌助(18881975)など、多くの作家を輩出してきました。

本展では、本間美術館が所蔵・保管する絵画作品から、小内地方出身や当地で作家活動を行い、郷土の芸術振興に大きく寄与した、明治時代から現代までの庄内が誇る日本画家と洋画家の作品を紹介します。個性と情熱を持って作画活動に取り組んだ作家たちの作品をお楽しみ下さい。

【次回展覧会】本間美術館の文化財

2023.04.06

次回展覧会本間美術館の文化財

江戸時代に北前船の寄港地として栄えた酒田には、全国各地から多くの物資とともに貴重な美術品が伝わっており、その中でも、特に貴重な品は国や県、酒田市の指定文化財となっています。

当館では開館以来、これらの貴重な文化財の調査・研究、そして公開に努めてまいりました。そこには、多くの優れた作品に触れることによって豊かな心を育んでもらいたいという願いと、地域に伝えられた文化財はその土地固有の文化を生み出すものであるという認識があります。先人たちによって守り伝えられた文化財は、地域の歴史・文化を見つめ直し、新たな文化創造の核となることでしょう。

本展では、本間家や篤志家からの寄贈、美術館活動における収集によって収蔵された、国・県・市の指定文化財を紹介します。本間美術館が誇る文化財を通して、歴史や文化の営みを肌で感じ、文化財に対する認識と理解を深めていただければ幸いです。

 

館報第77号(4-6月号)発刊

2023.04.02

館報第77号(4-6月号)発刊

館報第77号が発刊されました。
当館の友の会会員の皆様には順次お届けいたします。
本号では、4月からの展覧会「本間美術館の文化財」の見どころを紹介していますので、ぜひご覧ください。
※館報は、酒田市内を中心に県内の関係施設に設置していただいております。
  

【報告】令和4年度、本間美術館文化観光拠点施設機能強化事業について

2023.03.27

令和4年度本間美術館文化観光拠点施設機能強化事業について

文化庁及び観光庁から認定を受けた「本間美術館を中核とした酒田湊町文化観光拠点計画」のうち、
当館が主体で行う「本間美術館文化観光拠点施設機能強化事業」について、令和4年度分のご報告です。

令和4年度は、お客様の目に見える部分で下記の項目が実施されました。

・収蔵作品のデータベース化(データベース化は次年度も継続)
・鶴舞園のライトアップ設備を設置
QRコードを利用した、展示解説の英語・韓国語・中国語の多言語化
・美術展覧会場1階の展示ケース内装の改装(壁紙交換、展示ケースの一部ガラス交換など)

    

  

【お知らせ】令和5年度 展覧会スケジュール

2023.03.15

令和5年度(2023年4月から)の展覧会スケジュールが決定しました。
指定文化財、江戸絵画など本間美術館らしい多彩な内容に加え、NHK大河ドラマ「どうする家康」に関連した展覧会や、詩的表現による繊細な描写が特徴の銅版画家・武田史子氏の個展を開催します。
各展覧会ではギャラリートークも開催しますので、ぜひご来館下さい。