芸術・自然・歴史の融合/公益財団法人 本間美術館

公益財団法人 本間美術館Hommna Museum of Art

新着情報一覧

次回展覧会江戸の画家たち 第二部 狩野派と浮世絵師

2021年8月6日(金)~ 9月7日(火)※会期中無休

狩野派は、室町時代に始まり明治維新までの400年に渡り繁栄をしてきました。
中国水墨画の技法を基礎とし、様々な注文をこなすことで表現を多様化。絵師としての個性は希薄と言われながらも、その表現は時代を反映したものと言えます。

上流階層のために描いていた狩野派に対し、浮世絵師は大衆に向けて描きました。
江戸中期以降は、色彩豊かな版画「錦絵」が大流行。抒情性に加え、今までにない大胆な構図や西洋的視点を取り入れることで、独自の進化を遂げています。

本展では、狩野探幽をはじめとする江戸時代に活躍した狩野派と、葛飾北斎や歌川広重などの浮世絵師による錦絵を紹介します。

  

【次回展覧会】江戸の画家たち 第二部 狩野派と浮世絵師(8/6~9/7)

公益財団法人 本間美術館
〒998-0024
山形県酒田市御成町7-7

0234-24-4311