芸術・自然・歴史の融合/公益財団法人 本間美術館

公益財団法人 本間美術館Hommna Museum of Art

新着情報一覧

2020年度 展覧会のお知らせ

2020年度の展覧会が決まりました。

本間美術館の看板でもある江戸絵画・茶道具・古筆、墨蹟はもちろん、
昨年寄贈を受けたばかりの日本近代美術のコレクションを一堂にご紹介します。

各展覧会にギャラリートークなどのイベントも予定しております。
随時情報を更新していきますので、ご期待ください。

2020年度 展覧会のお知らせ

館長と巡る 本間美術館の古典人形の魅力

日時:3月1日(日)午後2時~ ※60分程度
※予約不要・参加には入館券が必要です

人形をこよなく愛する当館の田中館長が、
本間美術館に収蔵する古典人形の特徴や見どころをお話します。

当日は、美術展覧会場一階へお集り下さい。

【イベントのお知らせ】館長と巡る 本間美術館の古典人形の魅力(3/1)

展示替えに関わる休館日のお知らせ

次回展覧会の準備のため休館日を設けています。
ご確認いただき、お間違えのないようご注意下さい。

2月18日(火)~21日(金):展示替えの為、庭園を含む全館を休館

2月22日(土)~:全館開館
        ※「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」を開催

展示替えに関わる休館日のお知らせ

次回展覧会本間美術館のひな祭り

2020年2月22日(土)~ 4月6日(月)※会期中無休

北前船がもたらした京文化を代表する雛人形や御所人形は、湊町で栄えた酒田が全国に誇る宝です。
昭和23年からつづく本間美術館のひな祭りでは、鶴岡の実業家・斎藤昌二氏が蒐集された京雛や御所人形、衣装人形など(白巽文庫コレクション)を中心に、酒田の眼科医・佐藤清二氏寄贈の高さ約50㎝の享保雛や、酒田三十六人衆の一人・白崎家に伝来した雛壇飾りなど、庄内一帯の旧家からご寄贈いただいた貴重な古典人形をご紹介します。

本展は酒田雛街道と連携しており、酒田市内各所で様々な雛人形を楽しむことできます。
(酒田雛街道 開催期間:3月1日~4月3日)

  

【次回展覧会】子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り(2/22~4/6)

イベントのお知らせギャラリートーク&小野幸吉の詩の朗読会

2020年2月2日(日)午後2時~ ※60分程度
予約不要・参加には入館券が必要です

開催中の展覧会「庄内の洋画家たち」のギャラリートークと詩の朗読会を開催します。

明治時代に普及した油絵は、大正から昭和、平成へと時代が変わる中で、絶えず深化と複雑化を繰り返してきました。その大きな渦の中に、山形県庄内地方から飛び込んだ若者たちが洋画家となり、郷土の芸術振興にも大きく寄与しています。
ギャラリートークでは、庄内ゆかりの洋画家20名の作品を鑑賞します。

また、本展で紹介する洋画家の中で、ひときわ強烈な個性を放つ小野幸吉。彼が遺した詩の朗読会を後半に開催します。詩の朗読は、酒田詩の朗読会の阿蘇孝子さんです。
20歳で夭折した小野幸吉が、作品と同じように大切にした詩、言葉の数々をお聴き下さい。

【イベントのお知らせ】ギャラリートーク&小野幸吉の詩の朗読会(2/2)

公益財団法人 本間美術館
〒998-0024
山形県酒田市御成町7-7

0234-24-4311