芸術・自然・歴史の融合/公益財団法人 本間美術館

公益財団法人 本間美術館Hommna Museum of Art

新着情報一覧

イベントのお知らせ館長によるギャラリートーク「本間家が守り伝えた品々 ー歴史資料と拝領品ー」

日時:2019年10月20日(日)午後2時~ ※60分程度
場所:美術展覧会場
※予約不要(参加には入館料が必要です)

開催中の企画展「本間家が守り伝えた品々 第一部 歴史資料と拝領品」のギャラリートークを開催します。

今年は本間家創業330年の節目であることから、本間家の家資料と諸藩からの拝領品や下賜品を展示し、そこから見えてくる歴代当主たちの功績を紹介します。

ギャラリートークでは、当館館長が展示品を通して、本間家330年の歴史を語ります。

【イベントのお知らせ】館長によるギャラリートーク「本間家が守り伝えた品々」10/20

館報第63号(10-12月号)発刊

館報第63号(10-12月号)が発刊されました。
当館の友の会会員の皆様にはお手元に届く頃かと思います。

本号では、今年で創業330年を迎えた本間家の特別展を中心に、紅葉が美しい、秋の鶴舞園の見どころを紹介しています。
またイベントでは、「本間家が守り伝えた品々」と題して、当館館長によるギャラリートークを2回開催します。

秋の行楽シーズンは、ぜひ本間美術館へお越しください。

※館報は、酒田市内を中心に県内の関係施設に設置していただいております。

  

 

館報第63号(10-12月号)発刊

展示替えに関わる休館日のお知らせ

次回展覧会の準備のため、2日間の休館日を設けています。
ご確認いただき、お間違えのないようご注意下さい。

10月1日(火)~2日(水):美術展覧会場を休館
              ※鶴舞園・清遠閣のみの観覧となります(大人600円)

10月3日(木):全館開館
      ※本間家創業330年記念「本間家が守り伝えた品々 第一部 歴史資料と拝領品」を開催

展示替えに関わる休館日のお知らせ

次回展覧会本間家創業330年記念 本間家が守り伝えた品々 第一部 歴史資料と拝領品

2019年10月3日(木)~11月12日(火)

元禄2年(1689)に本間家初代原光が「新潟屋」の看板をかかげてから、本年で創業330年となります。本間家は、酒田湊の繁栄にともない、商業、金融、地主の三つの事業を展開して多くの財を成し、東日本を代表する豪商、日本一の大地主として知られるようになりました。

歴代当主は、「町とともに歩む」という信念の下、酒田の経済をはじめ、文化、教育、福祉など多方面にわたる社会事業に私財を投じ、数々の功績を残してきました。

本展は、本間家創業330年を記念し、本間家が守り伝えた品々を二部構成でご紹介する特別展です。
第一部では、本間家の歴史を語る資料をはじめ、庄内藩主酒井家や米沢藩主上杉家、政府要人や皇室より拝領した美術工芸品を展示します。

【次回展覧会】本間家創業330年記念「本間家が守り伝えた品々 第一部 歴史資料と拝領品」10/3~11/12

イベントのお知らせあべとしゆき氏によるアーティストトーク

2019年9月7日(土) 午後2時~(45分程度)
予約不要、参加費無料(但、本間美術館の入館券が必要です)

特別展「あべとしゆき水彩画展 -静けさを聴くために-」にあたり、
水彩画家・あべとしゆき氏によるアーティストトークを開催します。

作品を描くとき大切にしていることや、緻密で繊細な表現を可能にする技法の話など、
ご本人からしか聞くことのできない貴重なお話を頂戴します。

当日は、あべとしゆき氏の詩画集『静けさを聴くために』と来年のカレンダーの販売もあります。
※限定部数。ご購入された方には、あべとしゆき氏にサインをして頂けます。

【イベントのお知らせ】あべとしゆき氏によるアーティストトーク(9/7)

公益財団法人 本間美術館
〒998-0024
山形県酒田市御成町7-7

0234-24-4311