芸術・自然・歴史の融合/公益財団法人 本間美術館

庄内地方酒田市

山形県の西北部に位置する酒田市は、
西に日本海と海岸線の黒松林、北に鳥海山、東南に月山を望み、最上川が日本海に流れ込む河口に発展した港町です。
古くから最上川舟運と日本海海運の結節点として、物資の集散機能を果たし栄えてきました。
また、海運を通して上方文化が多く流入にているのも特徴です。
江戸時代中期には、問屋や海運業、土地集積をはじめた本間家を筆頭に新興商人が台頭し、町政にも積極的に参画するようになります。
特に本間光丘は飛砂防止のために植林事業や窮民救済に尽力するとともに、庄内藩の財政再建にも大きな役割を果たしました。

本間家旧本邸サイトへ

市内には、本間光丘が幕府の巡見使一行を迎えるための本陣宿として新築し、庄内藩主に献上し、
のちに拝領し住まいとなった『本間家旧本邸』が公開されています。

Copyright(C) 2016.2 Homma Museum of Art. All right reserved.

公益財団法人 本間美術館
〒998-0024
山形県酒田市御成町7-7

0234-24-4311