芸術・自然・歴史の融合/公益財団法人 本間美術館

公益財団法人 本間美術館Hommna Museum of Art

コラム

藩主酒井侯の領地安堵を祝った巨大絵幕

学芸員:阿部 誠司

酒田の塞道絵幕

酒田では小正月に「塞道(さいどう)の幕見」という行事があり、歴史上の事件や説話をもとにした絵幕が、通り沿いの塀や特設の小屋に飾られました。
昭和12年の調査によると、市内には文化文政年間から明治期につくられた絵幕が24点あったようです。
しかし、酒田大火以前の調査ですので、現在はもっと少ない数字になっているでしょう。

小正月とは、1月15日前後にある年中行事です。
祭壇をつくり神を祀り、門松をたて餅を飾り、
雪中田植えや鳥追いなどを行って、子孫繁栄や農作物の豊穣を祈願します。

 

 

塞道絵幕(大壽和里大祭事)-酒井侯御安堵祝宴-  ※酒田市立資料館寄託
画師:佐藤長吉・柿崎金蔵  染師:土門與三郎  制作年:天保後期

この巨大な絵幕(9.7)は、()三方領地替()え」が中止となり、庄内安堵の知らせに士民が「お()りおすわり」と歓喜して、10日間にわたる大祝宴が張られた様子を描いています。

「三方領地替え」とは、()天保11(1840)に幕府が庄内藩主・酒井忠器を越後長岡に、武蔵国川越の松平氏を庄内に、越後国の牧野氏を川越に転封を命じたもので、藩の大事件でした。
領民は「百姓だりとも二君に仕へず」「居成(
ゐなり)大明神」などの()を立て、嘆願・直訴の一大阻止運動を起こし、翌年に転封中止を達成します。

絵幕には、本間家本邸を背景とする内町の賑わいを中心に、左には日和山や港周辺の景色が描かれています。
幕の中心に見えるのぼりには「大壽和里()大祭事(おすわりたいさいじ)」と書かれており、
スイカが熟すことを“すわる”という方言に洒落て、店頭ではスイカの大盤振る舞いが見えます。
その他、町民の生活や芸事が細かく描かれ、当時の酒田の風俗や文化が伺われます。

 

では、絵幕の細部を見ていきましょう。

 

 

中心の祭壇とのぼり

 小正月を表す祭壇が、幕の中央に描かれています。

祭壇の両脇にあるのぼりには「大壽和里()大祭事(おすわりたいさいじ)」と書かれ、
その下の朱印には「目出度」「大叶」と記されています。
これは、藩主がこれまで通り庄内領に居座ることの喜びを表しています。

 

スイカの振舞い

スイカが熟すことを“すわる”という方言に洒落て、店頭ではスイカの大盤振る舞いが見られます。
小正月は冬ですが、夏の物産も多く見られるのも特徴的です。

 

立札に書かれた文字

 一箇所だけ、「御鳴先御免」と書かれた立札があります。

「おなさけごめん」と読むのでしょうか。領地替えの中止に対する幕府への敬意かもしれません。

 

本間家本邸

酒田のシンボル的建造物だった本間家本邸も描かれています。
大きな門と、瓦屋根と漆喰と黒板の塀が印象的な大きなお屋敷ですね。

 

日和山と酒田港

 

酒田を代表する景勝地。北前船をはじめとする多くの船が見られます。

 

願人踊り

 大きな傘の下で踊る人がいます。

これは「願人踊り」と呼ばれ、田植え祭りで踊る住吉踊りがもとになっています。

 

巡礼の人々

 六十六部衆:法華経を納めに、全国66ヵ所の霊場を行脚する人です。

 二十四拝:浄土真宗の親鸞ゆかりの寺院を行脚する人たちです。

 三十三観音巡礼    金毘羅参り

 

魚売り・野菜売り

    

 

鯛を運ぶ人たち

  

お祝いの鯛を運ぶ人たちが、町のあちらこちらに見られます。

 

屋根

 石を敷きつめた、酒田の典型的な屋根です。

下地にカヤとムシロを敷き、その上に土を盛り、杉皮をふいた上に直径15cmほどの石を敷きつめています。

赤茶で描かれたものは赤瓦をふいた屋根です。
火事が多かったため、藩では瓦屋根を奨励しましたが、
この頃は北前船で運ばれてくる越前赤瓦が主流で、高価なために酒田では普及しなかったようです。

 

 

この他、酒屋や蠟燭屋、小間物屋の繁盛ぶりが見えたり、現在も町を見守る寺社が描かれるなど
酒田のすべてを詰め込んだような、大迫力の絵幕です。

また、幕と棒をつなぐ輪の部分には、古来からつづく魔よけの意匠(五芒星や九字など)が見られ、
塞道絵幕は大衆の娯楽でありながらも、根底にある信仰の心を感じることができます。

 

 

※本間美術館・酒田市立資料館合同企画「絵と写真でつづる酒田」展(2017.11.23~12.23)で展示。

2017.12.09


公益財団法人 本間美術館
〒998-0024
山形県酒田市御成町7-7

0234-24-4311